日々の感想等
反省の色は透明
あれもこれも欲しいのだが…
2005年06月29日 (水) 21:47 | 編集
欲しいもの
 ○車関係
  ・水温計
  ・電圧計
  ・リヤモニター
  ・PS2
 ○家電
  ・新しいPC
  ・DVDレコーダー
すぐに思いついたのはこんなところです。もっと考えればいろいろと思い浮かぶのでしょうが。
しかし財布の中を覗いてみると…_l ̄l●lll ガクリ。
まだ家庭内ローンが4諭吉残ってるし…。
暑さ寒さも彼岸まで。って長いなあ…
2005年06月26日 (日) 06:10 | 編集
昨日は炎天下の中、子供とサッカー。ほんまに暑かった。あまりに暑いので他の子供達も集中力を欠いて、まともな練習にはならなかった。2号は帰宅後に睡眠不足?熱中症?で頭が痛くて夕食後早々にダウン。夏本番を前にこの暑さでは先が思いやられるよ。
バーチャル弾丸ツアー終了
2005年06月23日 (木) 22:02 | 編集
日本・オランダ・ドイツを駆け巡るバーチャル弾丸ツアーが終了しました。負けは悔しいが、これでゆっくり寝れると思う人は2号を含めたくさんいるのでは(笑)。結局ワールドユース・コンフェデ杯の7試合、全てライブで見ました。ほんま疲れました。そういえば「弾丸ツアー」ってJTBの登録商標だったんですね。個人的には「そんなモノまで登録するのかよ」って感じです。
終わった…
2005年06月23日 (木) 05:53 | 編集
コンフェデ杯 日本2-2ブラジル 
主力温存かと思われたブラジルだが、ギリシャ・メキシコ戦と遜色ない布陣。立ち上がりに加地のオフサイドとはいえビッグチャンスを掴めたことで、多少気持ちが前掛かりになった(条件的に日本は勝利が求められているから仕方ないのだが)ところをズドンとやられましたぁ~。しかし日本は中村のマグレのミドルで同点!もつかの間、勝ち越し点をあっさり奪われる。後半開始と同時に大黒投入で攻撃陣が前半よりも活性化。後半終了間際に中村のFKを大黒が押し込んで同点!ロスタイムにもチャンスがあったがそのままドロー。決勝T進出出来なかったのは残念ですが、かつてA代表の試合でブラジル相手にここまで日本が戦えたのは記憶にない。前半はブラジルの上手さ・早さを堪能、後半は日本の粘りと見ていて非常に楽しかった。朝早くから起きて見た甲斐がありました。気がかりなのは、柳沢に代わって入った鈴木。どこに居たの?。ウォ○リー状態。居たと思ったら相手DFと揉めてるし…。以前から三都主のドリブルがイマイチ好きではなかったが、特に最近は癇に障るように感じる。あの通用しないブリッジもどき?はやめましょう。
あ~あ…
2005年06月22日 (水) 05:42 | 編集
ワールドユース 日本0-1モロッコ 
<前半>開始早々モロッコに押し込められるも、徐々に慣れてきたのかチャンスもチラホラ。カレンのシュートは2回もポストを叩く。足りないのは運?実力(決定力)?。
<後半>お互いに数々のチャンスを潰す展開。崩壊気味のDF陣がロスタイムにモロッコに決勝ゴールを奪われて終了。
<総括>どちらが勝ってもおかしくない互角の展開とは言いがたいが、勝つチャンスはあった。平山・カレン・前田のFW陣も決定力に欠けた。特に平山のシュートの精度の悪さが気になる。失点の場面もいただけない。いろんなチームといろんな展開を経験して欲しかったが、この大会中常に後手を踏む展開ばかりで、選手にとって本当にいい経験になったのかなあ…。延長戦を目論んでいた監督の作戦も不発に終わった。監督の手腕・選手の力量ともに世界の壁を感じすにはいられない大会でした。でも、皆さんお疲れ様でした。
なんとか勝った…
2005年06月20日 (月) 02:55 | 編集
コンフェデ杯 日本1-0ギリシャ
<前半>戦前の予想とは裏腹に、日本が押し込む展開に。しかし、攻め込みながらもお馴染みの「決定力不足」を露呈してしまう。
<後半>前半と同じく日本のペースだが、もどかしい展開も相変わらず。しかし、31分に大黒がゴール!そのまま逃げ切って勝ち点3をゲット!
<総括>日本が勝ったのは当然嬉しいのだが、ギリシャのふがいなさに少々落胆。欧州選手権を制した時のマンマークは影を潜め、日本の中盤の選手がフリーの状態でプレーできた。それでは負けるのは当然でしょう。日本は得点した大黒は勿論、福西が妙に良かったように感じた。次は王国・ブラジル。是非「勝利を」が希望なのだが、現実はドローでも十分なのでしょうかねえ。
消化不良は続く…
2005年06月19日 (日) 01:04 | 編集
ワールドユース 日本1-1オーストラリア 
<前半>蒸し暑い夜には丁度良い?お寒い内容。相変わらず「勝ちたい」という気迫が伝わってこない。「マイレージ2倍キャンペーン」でもしてるのでしょうか、もうすでに帰りの航空券を購入済み?。
<後半>何とかペースを掴んでるのかな?。しかし、クロス・シュート共に精度が低く得点には至らない中でGKのミスから失点。その後も攻めには出て行くが、ゴール前での雑なプレーでチャンスをことごとく潰す。終了直前に何とか追いつきドローに持ち込んだ。
<総括>結局オランダがベナンを下したので決勝Tには進出できるのだが、予選リーグで「勝利なし」の情けない結果。恥ずかしいから決勝Tキャンセルして帰っておいで。オジサン怒らないから。怒る気力もないから。と思いつつも、解説がよく口に出していた「スロースターター」という単語。一試合の中でなく、大会の中での意味なら決勝Tで大活躍するのでしょうか…。
コンフェデ杯初戦
2005年06月17日 (金) 03:01 | 編集
コンフェデ杯 日本1-2メキシコ 
昨年のアジア杯優勝のご褒美のコンフェデレーションズ・カップが開幕。開始からメキシコの上手さが目立つ展開の中、また柳沢の法則が炸裂!。本人のイメージしたゴールの軌跡と同じか疑問な部分はありますが、結果オーライと言うことで…。しかしメキシコもミドルシュートで同点。あの距離であのシュートでは仕方ないかなあ。後半にも失点し、終盤の攻撃も成果なく敗戦。勝つのは少々難しいが、ドローは狙える相手ではあったように思えたのだが…。次のギリシャ戦は是非とも「勝利を!」。
しかし、ワールドユース・コンフェデ杯とイベントが続くのは嬉しいが、眠いっす。明日も昼休みは飯食って即昼寝(したいのだが…)。
は~(溜息)
2005年06月16日 (木) 18:25 | 編集
ワールドユース 日本1-1ベナン 
開始から日本・ベナン共にミスが多い。そんな中、前半35分過ぎにやっちゃいました。DFから中盤へのビルドアップでボールを奪われて失点。社会人で言えば「飲み会の次の日に二日酔いで欠勤」のごとく禁断のプレーでしょう。後半にFKで同点に追いついたものの、退場で一人少ないベナンに対してチャンスをつくれずタイムアップ。でも内容が悪い割りにドローの結果は評価してよいのか?。
一安心?
2005年06月14日 (火) 23:43 | 編集
今日は新たな筋肉痛の発生はなし。オッサンの象徴?の1日空けての筋肉痛の発生は回避できたので一安心。が、そもそも筋肉痛の発生自体日頃の運動不足の表れ。情けなや…。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: designer